トップページ>一戸町とは?

岩手県一戸町について


より大きな地図で 一戸町 を表示

一戸町は岩手県内陸北部に位置し、北上山地と奥羽山脈に囲まれ、南西部に位置する標高1,018mの西岳を頂点に、北に傾斜する丘陵地がほとんどを占めています。
総面積300.03kuのうち、山林・原野が61%を占める高原の町です。また、県内第二の大河・一級河川馬淵川が町のほぼ中央部を北に向かって貫流し、市街地はその河岸段丘上に発達しています。
一戸の由来は諸説ありますが、平安末期から名馬の産地として名が知られ、その牧場を一から九の戸に分けられたことからといわれています。
現在の一戸町は、町村合併促進法の施行により、昭和32年11月1日に1町4村(一戸町、浪打村、鳥海村、小鳥谷村、姉帯村)が合併し誕生しました。


○「御所野縄文遺跡」の世界遺産登録を目指しています。
北海道・北東北は、日本列島の中でも最も多く縄文遺跡が見つかっています。
平成20年12月15日に開催された世界遺産関係省庁連絡会議において、国内の世界遺産暫定リスト搭載が正式決定し「北海道・北東北の縄文遺跡群」として登録を目指しています。


○「なぎなたの町一戸」を目指しています。
2016年に岩手国体なぎなた競技が一戸町で開催されることを受け、町全体で強化・普及に取り組んできました。 その成果が実り、少年女子演技競技で一戸町出身選手が見事に優勝しました。
今後も「なぎなたの町一戸」として町民挙げて普及活動に取り組んで参ります。

町 民 憲 章

私たちの一戸町は
(めぐ)まれた自然と先人の(ひら)いた風土に(はぐ)まれ、発展して来ました。
私たち町民は
このまちに生きる喜びと(ほこ)りを持ち
(さら)に力を合わせ、豊かで明るい郷土をつくるため
ここに町民憲章を定めます。

  • 1.みどりいっぱい 豊かなまちをつくりましょう
  • 1.幸せいっぱい 福祉のまちをつくりましょう
  • 1.若さいっぱい 健康のまちをつくりましょう
  • 1.わく夢いっぱい 文化のまちをつくりましょう
  • 1.笑顔いっぱい 平和なまちをつくりましょう

一戸町のシンボル

花 さくら

バラ科に属し、日本を代表する花で、町内に多く植栽されており、爛漫と咲き誇るさまは非常に美しく、人々の心をなごませてくれる。昔から歌にも詠まれるなど生活にかかわりが深い花であり町民の融和と美しい町づくりの象徴。

鳥 やまどり

日本特産のキジ科の鳥で、町内全域の山林に生息し雄は赤銅色で美しく、長い尾を持ち、雌は全体に褐色をおび黒い斑点がある。昔から多くの人々に親しまれ、勇壮で気品のある愛情こまやかな習性の鳥であり、明るい町づくりの象徴。

木 なら

ブナ科に属し、町内全域に生息し、高級な家具材、床板等として最も重んじられている。また、古くから木炭の原木、シイタケのほだ木として用いられ、町の経済を支えてきた木であり、自然と調和した町づくりの象徴。

ふるさとCM大賞作品

ふるさとCM大賞とは

『ふるさとCM大賞 in IWATE』は、IAT岩手朝日テレビが2002年から開始した、岩手県内の市町村の広報担当を中心とする地元の皆さんが制作した、アイデアあふれる15秒の「ふるさとのCMビデオ」を見ていただこうという企画です。
企画・制作・撮影・出演等すべてを其々の市町村に委ねた『手づくりのふるさと PRコマーシャル』のコンテストです。
(IAT岩手朝日テレビのホームページ)
一戸町も参加しており、2013年は監督賞を、2014年はテーマ賞を受賞しました。

2016 捜査!男はホシを見たのか?!【岩手県町村会会長賞】

2015 薙刀の町 一戸町

2014 私は4000年前に恋をする 【テーマ賞】

2013 一戸町は、みゃあ! 【監督賞】

2012 つり橋の向こうは?