トップページ>子育て支援>子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度について

  平成24年8月に成立した、いわゆる「子ども・子育て関連3法」に基づく、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進する「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月からスタートする予定です。

「子ども・子育て関連3法」とは?

 新制度の創設に関する次の3つの法律を合わせて、「子ども・子育て関連3法」と呼ばれています。
  1. 子ども・子育て支援法
  2. 認定こども園法の一部を改正する法律
  3. 関係法律の整備等に関する法律(児童福祉法等の改正)

子ども・子育て支援新制度の概要

 「子ども・子育て支援新制度」(以下「新制度」といいます。)は、「社会保障・税一体改革大綱(H24.2.17閣議決定)」の中で、子どもを産み、育てやすい社会を目指して創設することとされ、その目的は次の3つです。
  1. 質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
  2. 保育の量的拡大・確保
    ・待機児童の解消
    ・地域の保育を支援
  3. 地域の子ども・子育て支援の充実

市町村の役割は?

 市町村は、新制度への移行に先立って、国が定める「基本指針」に基づいて、地域の保育需要等を踏まえた「子ども・子育て支援事業計画」を策定することとされています。
 一戸町においても、子ども・子育て支援に関する住民の皆様のニーズを十分に把握するとともに、子育て中の方、子育て支援に携わっている方などのご意見をお聴きしながら、事業計画の策定を進めています。
 計画策定は3月ごろを予定しています。

ニーズ調査報告書の公表

 町では、子育て中の家庭の現状とサービスの利用に関する意向などを把握するため、今年1月に就学前のお子さまや小学生をお持ちの保護者を対象に「いちのへ子ども・子育てアンケート調査」を行いました。
 このたび調査結果がまとまりましたので、ここに公表します。
 調査結果は、これからの町の子育て計画の基礎資料として「一戸町子ども・子育て支援事業計画」等の策定に活用させていただきます。

 一戸町子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査報告書(PDF 4.4MB)

意見募集結果

 「いちのへ子ども“夢”プラン〜一戸町子ども・子育て支援事業計画〜」を策定するにあたり、意見募集をしたところ、1件のご意見が寄せられました。
お寄せいただいたご意見の概要とご意見に対する町の考えかたを公表します。
  • 意見の募集期間:平成27年3月6日(金)〜3月15日(月)
  • 意見をお寄せいただいた方:1名
  • お寄せいただいた意見の数:1件
【提出された意見】
 一戸高校では、「子どもの発達と保育」や「子ども文化」など、保育や子供に関わる授業を行っています。また、保育士を目指す生徒も多く、授業への取り組みも良好です。これまで一戸保育所さんにご協力いただき、年に数回、体験実習を行ってきました。その中で、授業で取り組んだ折り紙を園児に教えたり、手づくりおもちゃで一緒に遊んだり、生徒が身に付けた知識・技術を体験実習に生かせたことに、生徒たちは喜びを感じておりました。
 以上のことから、生徒たちの活動の場を広げたいと考えておりましたところ、このプランを知りました。つきましては、本校では、プラン第4章第2節(6)、第3節(2)(5)(6)等で連携を図りたいと考えております。具体的な内容については未定ですが、担当の方と相談しながら進めていきたいと考えています。

【町からの回答】
 いただいたご意見につきましては、ぜひ、これまで以上に一戸高校と町が連携を深めていきたいと考えます。
 一戸高校の特長である総合学科において、特色ある多くの科目を活かしたさまざまな連携の可能性を見出して行きたいと考えています。
 いただいたご意見は、今後連携を深める中で具体的な方向性が見えてきた段階でプランを見直し、反映させていきます。


 子ども・子育て支援制度の詳しい内容につきましては、下記リンク先をご確認ください。