トップページ>住まい

町営住宅

■入居者募集
 

 ○募集住宅
   @ 町営大観森第二住宅 1戸
     ・所在地  一戸町一戸字小井田61番地
     ・建物詳細 昭和43年度建設 簡易耐火構造平屋建長屋 2K
     ・住宅家賃 4,200円〜6,300円程度
   A 町営小鳥谷藤島住宅 1戸
     ・所在地  一戸町小鳥谷字仁昌寺76番地20
     ・建物詳細 平成6年度建設 木造2階建長屋 3LDK
     ・住宅家賃 23,600円〜35,200円程度
   B 町営奥中山第一住宅 1戸
     ・所在地  一戸町奥中山字西田子1311番地1
     ・建物詳細 平成19年度建設 木造2階建長屋 3LDK
     ・住宅家賃 27,600円〜41,000円程度
 ○募集期間
   平成28年7月29日(金)から平成28年8月19日(金)まで
 ○入居可能日
   平成28年9月23日(金)
 ○申込者の資格
   @世帯の月額所得が次の要件を満たし、家賃の支払能力のある方。
     一般世帯・・・・・・・・・・・・・・・・・・158,000円以下
     老人世帯・身体障害者世帯等・・214,000円以下
   A現に住宅に困窮していることが明らかな者であること。

 ○問合せ先
  地域整備課 TEL33-2111 内線281・282

■一戸町の町営住宅   
 町営住宅一覧 


■町営住宅とは
 町営住宅は、低額所得者に賃貸するために、一戸町が国の補助を受
 けて建設した住宅で、公営住宅法及び関連法令の規定により管理を
 しています。


■入居申込者の資格
 町営住宅の入居申込者は、次に掲げる条件を備えていることが必要
 です。

 1.現に同居し、又は同居しようとする親族があること。
   (ただし、特に居住の安定を図る必要がある者として、
    単身でも入居できます。)
 2.次に掲げる基準の収入があり、家賃の支払能力のある方。
      
        申込世帯区分 申込可能収入金額
         一般世帯              158,000円以下 
      老人世帯・身体障害者世帯等     214,000円以下 

    ○老人世帯とは
     入居者が60歳以上の人であり、かつ、同居者のいずれもが
       60歳以上または18歳未満の人である世帯
    
     ○身体障害者世帯等とは
     入居者又は同居者が身体障害者手帳(1級〜4級)、精神障
       害者手帳(1級または2級)または療育手帳(精神障害者と
    同程度の障害)を所持する世帯

  3.現に住宅に困窮していることが明らかな者であること。
  4.暴力団員ではないこと。

   以上の各要件を満たしている方ですが、1については現在特例措
   置により単身の方でも入居できます。
 
 

■入居者の収入金額
 入居者資格の一条件である収入金額は、次の計算式で算出します。

  収入金額 = 総所得金額 − 各種控除/12
 (注)給与所得者の場合は、給与所得控除後の額が総所得金額
        です。

  各種控除(所得税法に規定する定義による)
   同居親族控除(38万円)、老人扶養親族控除(10万円)、
   特定扶養親族控除(20万円)、寡婦(夫)控除(27万円)、
      障害者控除(27万円)、特定障害者控除(40万円)



■入居者募集
 町営住宅は、退去される人が出た場合、その都度募集および入居申
 込みの受付をします。(※土、日、祝祭日は除きます。)



■申込みの方法
 「町営住宅入居申込書」に所要事項を記入し、次の書類を添付して、
 役場地域整備課へ本人又は困窮事情を説明できる方が持参してくだ
 さい。

 1.添付書類
  @入居予定者全員および現在入居予定者と同居している家族の世
   帯全員の住民票(結婚予定者にあっては、相手方の世帯全員分
   の住民票も必要)
  A結婚予定者にあっては、婚約証明書および入居誓約書
  B入居予定者全員の所得証明書などの所得を証する書類
  C提出された書類だけでは不十分と認めた場合は、この他にも書
   類の提出を求めることがあります。

  2.その他の注意事項
  @記載事項が事実と相違している場合は、入居を取り消すことが
   あります。
   A入居の際、世帯を不自然に分割しての申込みはできません。
   B1回の公募につき1世帯1戸限りの申込みとなります。
   C入居決定者以外の方の入居申込書(添付書類を含む)は、返却
   いたします。
   (内容に変更がない場合は同一年度の募集に使用して構いませ
    ん。)



■入居者の選考
 入居申込書により実情調査のうえ、町営住宅入居者選考委員会で選
  考します。
 ただし、住宅困窮度が同程度のため順位を定め難い場合は、公開抽
  選の方法により入居者を決定します。



■入居の手続き
 1.入居が決定された人は、次の手続きをしてください。
   @町営住宅入居請書を提出すること
    町営住宅入居請書は、入居者が町営住宅条例および同施行規則
   に定められた条項を堅く守り、これに違反しないことを誓約す
   る書類で特に債務の負担については、連帯保証人が保証するこ
   とを内容としています。
      連帯保証人は、原則として入居者と同程度以上の収入のある方
      となっております。(添付書類として連帯保証人の印鑑証明書
      および所得証明書が必要となります。)

    A敷金を納入すること
     敷金は、入居時家賃の3ヶ月分相当の額です。礼金は必要あり
   ません。
      この敷金は、退去される際に家賃滞納分などを控除して、残金
   があればお返しします。
    (退去時の修繕費などについては入居者のご負担となります。)

  2.入居の期日
    「町営住宅入居許可書」を交付した日から10日以内に入居
    してください。



○問い合せ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線 281、282)
 メール:seibi@town.ichiohe.iwate.jp

子育て支援住宅

高齢者冬期居住施設

  冬期間、下記施設への入所を希望する方を募集します。

○対象者
 60歳以上のひとり暮らしや高齢者世帯で、日常生活が自立し、冬期間中、自宅での生活に不安がある方
※ 日常生活が概ね自立している方を対象とします。
※ いずれも介護施設ではない点に予めご留意ください。

○申し込み期限
 平成26年9月5日(金)
高齢者生活
福祉センター
あったかホーム 来田保養センター
施設

場所
友愛サービス
公社2階
(一戸字砂森)
シルバー人材
センター裏
(岩舘字沢田)
来田地区内
定員 15名 15名 3名
入居
期間
平成26年12月
から
平成27年3月
平成26年12月
から
平成27年3月
平成27年1月
から
平成27年3月
入居
費用
(月額)
62,000円〜
112,00円程度
※食事は基本的に自炊。公社の給食を利用することも可能。
61,000円〜
75,000円程度
※食事は入居者が協力して作り、管理人が補助する。
78,000円程度


  ※24時間管理人はいますが、解除はできません。
※夜間の宿直は定時巡回のみ行います。
※保養センターの営業時間内はいつでも入浴できます。
※日中は保養センター職員、夜間は宿直がいますが、介助はできません。
※夜間の宿直は定時巡回のみ行います。
※入居費用のうち、部屋代は収入状況により決定いたします。食事代・光熱水費・管理費などは、入居人数により増減することがあります。
※入所の可否は、一戸町地域包括ケア会議にて検討の上、11月下旬までに決定し、通知します。

○問い合わせ先
 健康福祉課 電話:0195-32-3700(内線610)

一戸町住宅リフォーム支援事業

 町内の住宅関連産業と商業を中心とした地域経済の活性化及び町民の居住環境の向上を促進することを目的として、町民が居住する住宅を町内の施工業者によってリフォームを行う場合に、経費の一部を「いちのへ商品券」で助成します。

平成28年度募集について(PDF 106KB)

 1.補助対象者
   次の要件のすべてを満たす方が対象です。
   (1)一戸町に住民登録し、居住し、かつ、対象住宅の所有者
   (2)町税等を滞納していない者
   (3)対象住宅について、国、県又は町の他の制度による補助
      及び過去に当該助成の交付を受けていない者
      ただし、次に上げる補助制度については対象とする。
      ・一戸町水洗化改造資金融資斡旋及び利子補給制度
      ・住宅エコポイント制度
      ・住宅耐震調査及び耐震改修補助制度  
   (4)当該年度の3月20日までにリフォームを終了すること。


 2.対象となる住宅
   建築後10年以上を経過した建物で、自己の居住の用に供し、
  かつ、町内に存する住宅が対象です。(集合住宅は居住専用部
  のうち、個人専用部分、併用住宅は住居専用部分が対象)


 3.対象となる工事等
   家屋の修繕、補修、模様替え及び増築など住宅本体の機能維持
  または機能向上及び水洗化のための工事であり、当該工事に要す
  る経費(消費税を除く)が20万円以上であるもの。


 4.対象とならない工事等
   次に掲げる経費は補助対象となりません。
   (1)倉庫、駐車場、フェンスなど住宅本体以外に係る経費
   (2)広告、看板等の設置に係る経費
   (3)冷暖房機器、給湯機器など機器の購入や改修に係る経費
     ※ただし、キッチンシンク、洗面所、浴槽、便器・手洗器
      の購入や修繕は含む。 
   (4)土地の購入及び造成に係る経費


 5.商品券の交付額
   商品券の交付の額は、対象工事に要した経費の100分の15
  に相当する額以内の額(千円未満の端数が生じたときは切り捨て
  た額とし、その額が20万円を超えるときは、20万円を限度と
  する。)とし、その額に相当する商品券(いちのへ商品券)を交
  付します。


 6.施工業者について
   町内に本店、支店又は営業所を有する法人、又は個人で、住宅
  リフォームを施工する方を対象としています。

 7.交付の申請
   工事着工前に申請書と、次の各号に掲げる書類を添えて、町に
  提出してください。

   (1) 工事費の見積書の写し
   (2) 施工前の現場写真(着工前の状況が分かる「外観、内
       装」など)
   (3) 施工箇所の案内図
    
 8.完了報告
   対象工事が完了したときは、完了後10日以内に完了報告書と下
  記の書類を添えて、町に提出してください。

   (1) 工事費の領収書の写し
   (2) 施工後の現場写真(完成後の状況が分かる「外観、内
      装」など) 
   
   
申請書(word 43KB)
申請書(PDF 142KB)

○問い合わせ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線281、282)

住宅用太陽光発電システム導入促進事業助成費

  町では環境負荷の少ない循環型社会の構築に向け、地域資源の有効活用及び環境に対する意識の高揚を図るため、住宅用太陽光発電システムを設置する場合に要した経費に対し、予算の範囲内で、助成費を交付しています。

1.補助対象者
  次のいずれにも該当する者が対象です。
  1. 町内に住所を有する者又は住所を有する見込みの者
  2. 町税の滞納その他町に対する債務の不履行がない者

2.対象となる事業
  町内の住宅(店舗兼住宅を含む)に新規に設置する太陽光発電システムで、次のいずれにも該当するものが対象です。
 
  1. 太陽電池の最大出力が10kW未満であるもの
  2. 電力会社と太陽光発電システムの系統連携に伴う電力需給に関する契約を締結しているもの
  3. 未使用品であり、中古品でないもの
  4.  

3.助成費の額
  助成費の額は、太陽電池の最大出力1kWあたり3万円(上限9万円、千円未満は切り捨て。)とし、一戸町商業協同組合が発行する「いちのへ商品券」で交付します。

4.交付の申請
  太陽光発電システム設置終了後2カ月以内に、交付申請書(様式第1号)に次の書類を添付して申請してください。

   様式第1号 PDF(152KB)
   様式第1号 リッチテキスト形式(68KB)

○添付書類
  1. 太陽光発電システムの設置に係る費用の内訳が記載された工事請負契約書の写し
  2. 太陽光発電システムの設置に要した経費の領収書の写し
  3. 太陽光発電システムの設置場所、設置状況の分かるカラー写真
  4. 電力会社と締結した電力需給に関する契約書の写し
  5. 太陽光発電システムの仕様書(太陽電池モジュールの形式、最大出力値、使用枚数が確認できるもの)
  6. 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類

5.交付の決定
  交付申請書を審査し、その内容が適正と認められる場合は補助金交付を決定し、申請者に通知いたします。

6.商品券の交付
  役場または支所窓口で交付します。
  受領書押印のため印鑑をご持参下さい。

○問い合わせ先
  まちづくり課 電話:0195-33-2111(内線213)

一戸町薪ストーブ普及促進事業のご案内

 一戸町では、町内の森林環境整備と木質バイオマスエネルギーの利用並びに地域経済の活性化を促進するため、薪ストーブ普及促進事業を行います。

1.補助対象者(次の要件のすべてを満たす方。)
(1)一戸町に住民登録し、居住している方で、設置住宅の所有者
(2)町税等を滞納していない方

2.対象となる薪ストーブ
 薪または、木質ペレットを燃料として使用するストーブ

3.対象となる経費(消費税の額を除く。)
 ストーブ本体および、設置に係る経費。ただし、薪ストーブは新たに購入する未使用の物で、1家屋1台限りとし、本体価格が2万円以上の場合に限る。

4.助成額
 対象となる経費の2分の1に相当する額(千円未満の端数を切り捨てた額)とし、10万円を限度とする商品券(いちのへ商品券)を交付します。

5.その他
 事業着手前に申請が必要です。
 また、事前に建築基準法等に合致していることの確認をお願いします。


薪ストーブ等設置に関するチェックリスト(word 57.5KB)
一戸町薪ストーブ普及促進事業様式1〜8(word 59KB)

○問い合せ先
 産業課 電話:0195-33-2111(内線257)

一戸町木造住宅耐震診断士派遣事業

 木造住宅の耐震診断を希望される方に耐震診断士を派遣する事業を行っています。
1.対象住宅
昭和56年5月以前に建築された木造住宅で以後改築等を行っていないもの。
2.診断費用
個人負担は3,000円
3.募集戸数
平成28年度 5戸
4.申込方法
域整備課で、所定の申込用紙に必要事項を記入の上申し込んでください。
耐震診断のすすめ(pdf 140kB)

○問い合わせ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線282)

一戸町木造住宅耐震改修工事助成事業

 耐震診断の結果、倒壊の恐れがあると診断された住宅に対し、耐震化にかかる部分の工事費の一部を助成します。
1.対象工事
耐震診断を実施し、判定値が1.0未満と診断され、判定値を1.0以上とする耐震改修工事。
2.助成金額
対象経費の2分の1以内かつ60万円を限度とする。
3.募集戸数
平成28年度 1戸
4.申込方法
地域整備課で、所定の申込用紙に必要事項を記入の上申し込んでください。
耐震改修のすすめ(pdf 100kB)

○問い合わせ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線282)

一戸町耐震改修促進計画

 一戸町では、計画的に建築物の耐震診断や耐震改修の促進を図るため、建築物の耐震改修の促進に関する法律第5条第7項に基づき、「一戸町耐震改修促進計画」を策定しました。

一戸町耐震改修促進計画(pdf 460kB)

○問い合わせ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線282)

社団法人全国公営住宅火災共済機構経営状況

 地方自治法第263条の2第2項の規定により、社団法人全国公営住宅火災共済機構から平成23年度経営状況について次のとおり通知があったので、同条第3項の規定により公表する。

平成24年6月26日
一戸町長 稲葉  暉




1 事業実績                   (単位:千円)
加入都道府県市区町村会員数 679 会員
加入戸数 907,205
共済委託契約金額 8,126,950,032
火災共済掛金 1,009,203
被災戸数 190
火災共済給付金 219,653
特定給付金 13,040
復興建築助成戸数 81
復興建築助成金 30,478
住宅災害見舞戸数 5,236
住宅災害見舞金 394,380
住宅防火施設整備助成金会員数 137 会員
住宅防火施設整備助成金 69,099
2 貸借対照表 (平成24年3月31日現在)       (単位:千円)
T 資産の部
1 流動資産 610,695
2 固定資産  
   (1)特定資産  
@異常危険準備金資産 3,015,659
Aその他特定財産 1,711,114
(2)その他固定資産 483,347
資産合計 5,820,815
U 負債の部
1 流動負債 963,511
2 固定負債 3,117,524
負債合計 4,081,035
V 正味財産の部
正味財産合計 1,739,780
負債及び正味財産合計 5,820,815

○問い合わせ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線281)

高齢者円滑入居賃貸住宅(岩手県)

岩手県公式ホームページ

都市計画施設の区域内における建築許可申請


 都市計画施設(都市計画道路など)の区域内で建築物の建築をしようとする者は、都市計画法第53条第1項により、町長の許可を受けなければなりません。

<建築制限の趣旨>
 同法第53条の規定による建築の制限は、都市計画として決定された道路について、将来、事業の円滑な施工を確保するため行われるものです。

<許可の基準>
 次の基準に当てはまるものでなければ、建築を許可できません。
 容易に移転または、除去することができるもので
  1. 2階以下で地階を有しないこと。
  2. 主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造その他これらに類する構造であること。

申請書(pdf 146KB)

○問い合わせ先
 地域整備課建築住宅係 電話:0195-33-2111(内線282)