トップページ>ゴミの関係

ゴミの分別

下記の項目を守り、収集場所にごみを出しましょう

  • 指定日の朝8時までに出してください。
  • 決められたとおり出されていないごみは収集されないことがあります。
ごみ分別表(詳細)

■燃えるごみ
小分類 分類内容 注意事項
【資源ごみ】
紙類
新聞紙
折込広告
雑誌
ノート類
パンフレット

はがき
便箋
カレンダー
ダンボール
菓子箱
ティッシュペーパー箱
牛乳パック類 など
※金具、ビニールなどは除く
  • 雨や雪の日は資源ごみ専用袋に入れて出してください。
  • 紙紐で十文字にしばって出してください。
  • ホッチキスなどは無理して取らなくて結構です。
  • ビニール・発泡スチロールなどはすべて取り除いてください。
  • 牛乳パックは水洗いし、切り、平たく伸ばしてください。
  • 酒やジュースの紙パックで、内側の白色のものは牛乳パックと同じようにして出してください。(注ぎ口は取り除く)
【資源ごみ】
プラスチック類
ペットボトル
白色発砲スチロール
  • 資源ごみ専用袋に入れて出してください。
  • ペットワンの印のついたもののみ出してください。
  • キャップ(プラスチック製は燃えるごみ、金属製は不燃ごみ)をはずし中を水洗いして出してください。
  • ペットボトル以外(洗剤・シャンプーなど)のものは燃えるごみに出してください。
  • ラベル、シールを取ってください。
  • 食品トレーは水洗いして出してください。
燃えるごみ 生ごみ
紙くず
(感熱紙・写真・ビニールなどで、リサイクルにならないもの)


プラスチック類
(色付発泡スチロール・化粧品・医薬品などのボトル)
布類
  • 水切りはしっかりしてください。
  • 指定ごみ袋に入れて出してください。
  • 食用油は新聞紙などにしみ込ませて出すか、凝固剤で固めて出してください。
  • 長い物や大きい物は切って指定の袋に入れるか、50cm以下に切って束ねてください。
  • 束ねたものは、厚さ10cm以内にしてください。
■燃えないごみ
小分類 分類内容 注意事項
【資源ごみ】
カン類
空き缶
アルミ缶
スチール缶
スプレー缶
カセット式ガスボンベなど
  • 軽く水洗いしてください。
  • スプレー缶、カセット式ボンベは必ず穴を開けてガスを抜いて出してください。
  • つぶさないで出してください。
  • たばこの吸い殻など異物を混入しないでください。
上記以外 エンジンオイルなどの缶
ペンキの缶
  • 指定ごみ袋に入れて出してください。
  • 缶は中身をからにして出してください。
■ビン・金物類
小分類 分類内容 注意事項
【資源ごみ】
ビン類
茶色のビン
無色透明のビン
その他の色のビン
  • 資源ごみ専用袋に入れて出してください。
  • 食用に使用したものに限ります。
  • ビンのキャップを取り除き水洗いしてください。
上記以外 ガラス片
陶磁器類
雑ビン
(化粧品ビン、農薬ビンなど資源ごみに出せないもの)
金物
(トースター、ラジオ、照明器具など)
  • 指定ごみ袋に入れて出してください。
  • ビンは中身をからにして出してください。
  • 包丁や壊れたガラス(ビン)、蛍光管などは危険のないように紙に包んで指定袋に入れて出してください。
  • カミソリの刃、針などは空ビンの中に入れ、フタをして出してください。
  • 縦、横、高さが30cm以内のものを出してください。
■小型粗大ごみ
小分類 分類内容 注意事項
毎月1回
小型家具類
小型電化製品類
トタン・カーペットなど
(1m以内にひもで縛って出してください)
一斗缶
その他(50cm×50cm以内で、重量 20kg以内のもの)
  • 家電リサイクル法の対象のものは除きます。
  • ストーブは油を完全に抜き取って出してください。
■乾電池…電気店または収集ボックスに備付の電池回収箱に出してください。

■収集場所に出す場合の注意
  • 資源ごみは緑色の指定袋、普通のごみは青色の指定袋に入れて出してください。
  • 分別はしっかりとしてください。
  • 指定日、時間は守って出してください。
  • 他地区の収集場所に出さないでください。
  • 収集場所は、地域の皆さんの協力で設置、管理運営していますので、きれいにしましょう。
  • ごみをリサイクル、資源化できるものは、子ども会などで行っている集団回収へ出し、ごみの減量化に協力しましょう。(各地域子ども会などの資源集団回収に補助金を交付しています。)
  • 決められたとおり出されていないごみは、収集されないことがあります。


■収集しないごみ
二戸地区クリーンセンターへ直接搬入するか、業者に依頼してください。
種類 詳細
粗大ごみ
寝具類、大型家具、大型家電製品など
一時多量ごみ 引越、庭木の刈込、大掃除などで多量に出るごみ
事業所系ごみ 会社、商店、旅館、飲食店等事業活動に伴って出るごみ
(産業廃棄物を除く)

○二戸地区クリーンセンターご案内  電話 0195−25−5660

●受付について
月曜日〜金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • 可燃( 9:00〜16:30)
  • 不燃( 9:00〜16:00)
※12:00〜13:00は受け付けてませんのでご注意ください。

●有料となります
  • 燃えるごみ……10kgあたり   30円
  • 燃えないごみ…10kgあたり   30円
  • 粗大ごみ………10kgあたり 100円
※個人で搬入する粗大ごみの処理料金は、町で負担しますのでご連絡願います。

○一戸町の許可業者
企業 電話
(株)一戸リサイクル
0195-33-4441
日幸運輸(有) 0195-32-2211
(有)リサイクルセンター二戸 0195-25-5369
(有)生内企画サービス 0195-25-4311
(株)マッハ総合企画 0195-25-5252
(有)阿要清掃センター 0195-23-3234
(有)八紘カイハツ 0195-27-4545
合川公明 0195-25-5291
丸大運輸(株) 0195-23-2348
(有)一戸浄化槽 0195-32-3131
九戸清掃サービス 0195-42-2538
(有)古川重機 019-683-1701
社会福祉法人 カナンの園 0195-36-1120

■クリーンセンターでは処理できないもの
次のごみは、クリーンセンターでは取り扱いませんので、専門の処理業者に依頼してください。
ごみの種類 出し方の注意
産業廃棄物
専門の処理業者へお願いしてください。
【その他】
・建設廃材、自動車部品
・廃油(天ぷらなどの廃油は除く)
・医療系廃棄物、薬品、化学薬品
・消化器、ガスボンベ、塗料(ペンキなど)
・金庫、仏壇、ピアノ、オルガン、バッテリー
・農機具、ビニール製の肥料袋、ペットの糞
・農薬、劇薬
・すべての原動機付バイク
・スプリングマットレス
・農業用ビニール
・古タイヤ
買い替えの時、販売店に引き取ってもらうか処理業者に引き取ってもらってください。

医療行為に使用した注射針などは病院または医院に処理を依頼してください。
■テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の取り扱いについて
家電リサイクル法の施行(平成13年4月1日)に伴い、家庭で不要となった「テレビ、エアコン、電気冷蔵庫、電気洗濯機」は、原則買ったお店に引き取ってもらうか、買い換えの際に小売店に引き取ってもらうことになります。
この際、排出者(消費者)が支払う経費は、リサイクル料金と収集運搬料金(※)との合計額となります。

※収集運搬料金とは
小売店が定めた料金。詳しくは小売店などにお問い合わせください。

リサイクル料金
下の表は、主要メーカーのリサイクル料金です。メーカーに より料金が異なる場合があります。
テレビ
(ブラウン管方式)
エアコン 電気冷蔵庫 電気洗濯機
2,700円 3,500円 4,600円 2,400円
※小売店が廃業しているなど、引き取り義務のない場合は、一般廃棄物収集運搬者へ直接お申し込みください。

■パソコンの取り扱いについて
資源有効利用促進法の施行(平成15年10月1日)に伴い、パソコンを再資源化する「PCリサイクル」が始まりました。 廃棄するパソコンは、製造メーカーが回収し再資源化します。
詳しくは「パソコン3R推進協会」のホームページをご覧ください。

 ■携帯電話の取り扱いについて
使用済の携帯電話・PHSの本体・充電器・電池を自主的に回収し リサイクルする「モバイル・リサイクル・ネットワーク」があります。社団法人電気通信事業者協会が運営し、無償で、メーカーやブランドに係わらず回収しているネットワークです。
  詳しくは(ホームページ)をご覧 ください。

 ■FRP船リサイクルシステムについて
FRP(ガラス繊維強化プラスチック)船は、その製品特性(材料が高強度、大型、全国に広く薄く分布、製品寿命が長いなど)から適正な処理が困難であり、それが不法投棄の要因の一つでもありました。 平成17年9月8日、対象となる一般廃棄物として「廃FRP船」 が追加されることとなりました。 また同年11月29日には、FRP船リサイクルを開始しました。
  詳しくは(ホームページ)をご覧ください。

■不法投棄は犯罪です!
  不法投棄に対しては重い罰則が適用されます。
   <罰則>
   ○産業廃棄物の不法投棄
    5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金、または併科
(法人は1億円以下の加重罰)
   ○一般廃棄物の不法投棄
    5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金、または併科

■問い合わせ先
水環境課 電話 0195-33-2111 内線226

粗大ゴミについて

■一般家庭の粗大ごみ処理票の交付

一般家庭の粗大ごみを直接、二戸地区クリーンセンターに搬入する場合において、ごみ処理手数料を町で負担します。事前に水環境課で交付する処理票を二戸地区クリーンセンターへ提出して下さい。

テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンは除きます。これらは買い換え時に家電小売店等にリサイクル料金と収集運搬料金を支払い、引き取って貰うことになります。

また、パソコンもクリーンセンターへ搬入できません。廃棄するパソコンは製造メーカーが回収し再資源化します。詳しくは「パソコン3R推進協会」のホームページ をご覧ください。

そのほかのものでも、クリーンセンターでは取り扱い出来ないものがありますので、クリーンセンターか水環境課総務・生活環境係へお問い合わせ下さい。

■問い合わせ先
二戸地区クリーンセンター(二戸地区広域行政事務組合内)
電話0195-25-5660

一戸町役場 水環境課 生活環境係
電話0195-33-2111(内線226)

ゴミの収集日

年末年始と祝日のゴミ収集日

広報12月号でお知らせした「年末年始と祝日のゴミ収集日」について変更がありますのでお知らせします。

変更:12月30日(水)は、下記の通り、一戸地区(一戸・高善寺・西法寺)限定で資源ごみ(ビン)の早朝収集をします。

月日 収集計画 クリーンセンター
稼働時間
12月23日(水)
天皇誕生日
収集休み 休み
12月29日(火) 燃えるごみ早朝収集
朝6:30までに出してください。
※資源ごみは集めません
8:45〜14:00
12月30日(水) 一戸地区(一戸・高善寺・西法寺)限定
資源ごみ(ビン)早朝収集
朝6:30までに出してください
※燃えるごみ・生ごみは集めません
12月31日(木) 収集休み
平成28年
1月1日(金)〜1月3日(日)
休み
1月4日(月)以降 通常収集 通常稼働
1月11日(月)
成人の日
一戸地区(一戸・高善寺・西法寺)限定
燃えるごみ・生ごみ早朝収集
朝6:30までに出してください
※資源ごみは集めません
通常稼働

※お正月明けは例年、ごみが大量に出されます。各家庭でごみが出ないようなひと工夫をお願いします。

通常時のゴミ収集日

収集地区 燃えるごみ 資源ゴミ ビン・金物 あき かん
小型粗大ごみ
一戸(樋ノ口・小滝は除く)、高善寺(傘木・古舘平の一部を除く)、西法寺 月・木 第4
土曜
鳥越、楢山 月・木 第2
土曜
一戸(樋ノ口・小滝)、高善寺(傘木・古舘平の一部)、中里、月舘、出ル町、小友、女鹿(蛇ノ島) 月・木 第1
土曜
女鹿(蛇ノ島を除く)、女鹿口 月・木 第2
土曜
小鳥谷(居也、中村、道地、高屋敷、駒木を除く) 火・金 第1
土曜
小鳥谷(居也、中村、道地、 高屋敷のみ) 火・金 第1
土曜
奥中山(袖ヶ沢を除く)、摺糠、宇別 火・金 第3
土曜
岩舘、根反 火・金 第2
土曜
小繋 火・金 第2
土曜
小鳥谷(駒木)、平糠、釜石、火行、田中、旧中山 火・金 第2
土曜
袖ヶ沢 火・金 第2
土曜
姉帯、面岸 火・金 第3
土曜
■問い合わせ先
水環境課 電話0195-33-2111

各種補助制度

生ごみ処理機設置事業費補助制度について

各家庭から排出される生ごみの減量化と資源化を促進するため、生ごみ減量化処理機の購入者に対し、その購入費用の一部を補助します。

○補助金額

購入費の2分の1(ただし、補助金の上限は3万円です。)


例:6万円で購入した場合・・・6万円の2分の1の3万円が補助金となります。

例:8万円で購入した場合・・・8万円の2分の1は4万円ですが補助金の上限は3万円なので、補助金額は3万円となります。

※補助金の交付を受けようとする方は、水環境課生活環境係へご相談ください。


ごみ収集ボックスの設置補助制度について

ごみ収集の円滑化を図ることや不法投棄を防止し、環境にやさしいまちづくりのため、ごみ収集ボックスを設置する地区・団体などに費用の一部を補助します。


○対象
  • 地区・団体など
  • 一般の家庭から排出されるごみを収集するボックスで、鉄骨造り観音開きなど、ごみが取り出しやすい構造のもので、2u以上のもの
○補助金額
  • 設置費の2分の1(ただし、補助金の上限は8万円です。)
※補助金の交付を受けようとする方は、水環境課生活環境係へご相談ください。


資源ごみ回収について

町では地域・団体で実施する資源回収を支援しています。回収した資源の量1kgあたり5円の補助金です。

資源回収で得た資金は、地域の活動費や公民館の維持費用にも役立てることが出来ます。


○主な回収品目
  • ビール瓶
  • 一升瓶
  • アルミ缶
  • 新聞紙
  • 段ボール
  • 鉄くず類
  • 衣類 (※事前に相談ください。)
○手続きの手順
  1. 役場から申請書を取り寄せる
  2. 資源回収を実施⇒資源を売った業者から証明書をもらう
  3. 役場に実施した報告書を出す
資源引取業者一覧

■問い合わせ先  水環境課 電話33-2111