トップページ>農業者へのお知らせ

新規就農者支援

一戸町では、新規就農者の育成を図るため、「一戸町新規就農者支援対策事業実施要綱」と「一戸町新規就農者経営確立支援事業実施要領」を定め、新規就農者に対する支援事業をおこなうこととしています。

対象となる方

一戸町内で新規に就農又は農業に再チャレンジする方で、農業経営に意欲的に取り組もうとする、おおむね65歳以下の方を対象とします。 希望者の申請に基づいて、町が審査のうえ、次の区分により認定します。

(1) 新規就農研修者 新規に就農することを目的に、町が認める者のもとで実地研修をする方
(2) 新規就農者 新規就農研修者として1年以上の研修終了後、新規に就農する方
(3) 農業再チャレンジ者 営農の継続が困難になり、品目を替えて農業に再チャレンジする方
(4) 小規模新規就農者 新規に就農し農協または町内産直に年間50万円以上の販売を目指す方
(注)
  1. 一戸町に居住していただくことが条件となります。
  2. 農家の子弟にあっては、家族と経営を分離していただきます。
  3. 生産する作目は、一戸町が指定する重点推進作目の中から選定していただきます。

支援内容

町では、上記の認定を受けた方に対して、関係機関と連携しながら次のような支援を行います。

新規就農研修者に対する支援
  1. 研修の斡旋
  2. 住居の斡旋
  3. 農業技術、経営管理に関する指導
  4. その他必要な支援

新規就農者に対する支援
  1. 住居の斡旋
  2. 農業技術、経営管理に関する指導
  3. 就農地の斡旋
  4. 就農資金の助成
  5. その他必要な支援

農業再チャレンジ者・小規模新規就農者に対する支援
  1. 農業技術、経営管理に関する指導
  2. 就農資金の助成
  3. その他必要な支援

就農資金の助成について

新規就農者および農業再チャレンジ者の営農初期の経営安定を図るために、就農資金の助成を行います。

(1) 助成の方法 新岩手農協が新規就農者に対し、機械や資材の購入費など農業生産のための経費について助成などの支援を行った場合、または町内産直組合が新規就農者に対して加入金の支援を行った場合に、町が新岩手農協に対して補助金を交付します。
(2) 助成金額 1経営年度当たり70万円以内(ただし、小規模新規就農者は10万円以内)
(3) 助成期間 最大3年間(ただし、小規模新規就農者は最大2年間)
(注)一定期間内に途中で農業経営をやめた場合は、返還していただきます。

「一戸町新規就農支援対策審議会」について

支援事業の実施について必要な事項を審議するために、「一戸町新規就農支援対策審議会」を設置しています。 町では、新規就農者(研修者)の認定や支援の内容などについて審議会に諮りその意見を聞いた上で決定し、実施することになります。


■問い合わせ先
産業課
電 話:0195-33-2111(内線255)
FAX:0195-33-3770
メール:nourin@town.ichinohe.iwate.jp

農地の貸借・売買

耕作を目的として農地を権利移動するときは、農地の所在する市町村の農業委員会の許可などを受ける必要があります。 許可などを受ける方法としては、「農地法第3条」と「農業経営基盤強化促進法」の2つがあります。

許 可 種 類 備 考
農地法第3条 売買 農地を耕作目的で売買したり、貸し借りする場合。
賃貸借
贈与
使用貸借
交換
農業経営基盤強化促進法 売買 認定農業者や担い手に対し、農地の集積を円滑にする為の売買、貸借。
賃貸借
使用貸借

○農地法第3条添付書類一覧(pdf 254KB)

※農業委員会への届出書提出期限は毎月10日となっております。

■問い合わせ先
一戸町農業委員会 電話0195-33-2111(内線321)

農地転用

農地を、宅地や駐車場など農地以外に使用するときは許可が必要です。 許可などを受ける方法としては、「農地法第4条」と「農地法第5条」の2つがあります。

許 可 種 類
農地法第4条 自分の農地を転用する場合
農地法第5条 農地を買ったり、借りたりして転用する場合

農地転用の許可基準 は、次のとおり定められています。

※農地の転用に当たり、法律上の制限、手続きに複雑な部分もありますので、まず事前に農業委員会へご相談下さい。
※転用許可通知の発行まで2カ月程かかりますので、ご注意ください。
※農業委員会への届出書提出期限は毎月10日となっています。

■問い合わせ先
一戸町農業委員会 電話0195-33-2111(内線321)

農業者年金

農業者年金は、国民年金の第一号被保険者である農業者がより豊かな老後生活を過ごすことが出来るよう国民年金(基礎年金)に上乗せした公的な年金制度です。

農業従事者なら誰でも加入できます

60歳未満の国民年金の第一号被保険者であって年間60日以上農業に従事するものであれば誰でも加入できます。


積立方式で安心した財政運営です

積立方式で年金額は加入者・受給者数に左右されない、少子高齢時代に強い制度です。 納めた保険料とその運用益が将来のあなたの年金の原資となります。

保険料の手厚い国庫助成があります

認定農業者など一定の要件を備えた意欲ある担い手に対して、保険料(月額2万円)の2割、3割または、5割の政策支援(保険料の国庫助成)があります。

保険料は自由に選択できます

月額2万円から6万7千円までご自身のライフプランに合わせて、保険料を自由に選択できます。

税制面でも大きな優遇があります

保険料は最大80万4千円の社会保険控除(収めた保険料の15から30%程度の節税)。支払われる年金にも公的年金控除が適応されます。

80歳までの保証がついた終身年金です

年金は終身受給できます。加入者や受給者が80歳になる前に亡くなった場合は、80歳までに受け取ると仮定した金額を死亡一時金として遺族が受け取れます。

経営移譲年金を受給している方へ

農業所得の申告について

農業所得の申告は後継者の名義で行う必要があります。 受給者本人の申告とすると、農業を再開したとみなされ支給停止該当となります。 ほかに、農協の組合員、農業共済関係などが、後継者の名義となっている必要があります。

地目変更にはご注意ください。

経営移譲年金受給にかかる後継者への処分農地、贈与税の納税猶予の対象となっている農地が、農地以外の地目に変更されると、経営移譲年金の支給停止および贈与税の納税猶予の打ち切りとなります。国土調査などにより該当になる方はご注意ください。

■問い合わせ先
一戸町農業委員会 電話0195-33-2111(内線321)

農作業標準賃金・農地賃貸料

■平成29年度農作業労賃標準額表

本年度の農作業労賃標準額を下記リンク先のとおり定めました。 農業委員会ではあっせんはしておりません。「たのむ人」「たのまれる人」お互いが、この標準額を参考とし明るい雇用が行われるようご協力お願いします。

平成29年度農作業労賃標準額表

※この標準額は、「まかないなし」の賃金です。
※この標準額は、平成29年4月1日から平成30年3月31日までの農作業に適用します。

農地法第52条に基づく農地賃貸料情報

平成27年1月から12月までの賃貸借における賃貸料水準(10aあたり)は、以下のとおりになります。

【畑の部】平成27年1月から12月
平均額 最高額 最低額 データー数
一戸町全域 3,800円 7,000円 2,200円 41
【田の部】平成27年1月から12月まで
平均額 最高額 最低額 データー数
一戸町全域 2,900円 3,000円 2,500円 8
※データー数は、集計に用いた筆数である。
※金額は、算出結果を四捨五入し100円単位としている。


■問い合わせ先
一戸町農業委員会 電話0195-33-2111(内線321)

農地の相続等の届出

農地の相続等の届出書

平成21年12月15日に改正農地法が施行され、農地の権利を相続などによって取得した時は、農業委員会にその旨の届出をしなければならないことになりました。


以下の理由で農地の権利を取得した者
  • 相続(遺産分割、包括遺贈及び相続人に対する特定遺贈を含む)
  • 法人の合併・分割
  • 時効取得

届出書はこちらです↓
農地法第3条の3第1項の規定による届出書【様式第21号】(word 40KB)

※届出は農地の取得日からおおむね10ヶ月以内に行なってください。 (届出をしなかったり、虚偽の届出をすると罰則規定がありますのでご注意ください。)

※この届出は、農業委員会が農地の権利移動を把握するためのものです。権利取得の効力を発生させるものではないことに注意してください。 また、所有権移転登記に代わるものではありません。登記は別途必要となります。


■問い合わせ先
一戸町農業委員会 電話0195-33-2111(内線321)

農地制度が変わりました

詳しくはこちらから(pdf 470KB)

標準処理期間の設定について

一戸町農業委員会では、農地法第3条許可の事務処理について申請書受付から許可の事務処理について申請書受付から許可までの標準処理期間を以下のように定め、迅速な事務処理による行政サービスの向上に努めています。

根拠法令 標準処理期間
農地法 第3条第1項(農業委員会許可事案) 30日

町民農園サンビレッジガーデン

総合運動公園隣接地の町民農園の利用者を募集しています。 家族や仲間で野菜や花づくりにチャレンジしてみませんか。

所在地 一戸町西法寺字大平地内(総合運動公園に隣接)
使用料 1区画(約40u)あたり 年間3,000円
設備等 水道、管理舎、貸出用の簡単な農具も備えてあります。
利用できる方 満20歳以上の個人、
または満20歳以上の方を代表者とするグループ
申込方法 使用許可申請書に記入の上、産業課へ提出してください。
word(36KB)PDF(75KB)
申込期限 平成28年4月28日(木)
申込先 一戸町役場 産業部産業課 農業振興係

※申込状況により、区画に関しては希望に沿えない場合もありますので予めご了承ください。

■問い合せ先:産業課 農業振興係
電話:0195-33-2111(内線255)