トップページへ


一戸町役場
〒028-5311
岩手県二戸郡一戸町高善寺字大川鉢24-9
電話 0195-33-2111
メールは こちら(ichinohe@town.ichinohe.iwate.jp)
町民交流掲示板

● お名前・・・・・・
● URL・・・・・・・
● タイトル・・・・・

● どうぞ書き込んでいってください↓
本掲示板の利用ガイドライン

11 枚目の記録です
サイレンについて2016/08/1216:38:42
投稿者:一戸町まちづくり課
  サイレンについて回答します。

連絡系統の改正に伴い、これまで一戸分署で発報していたサイレンは、今春より二戸消防本部から発報されるよう変更となっています。

投稿者様と同様に他の方からも音が弱いとの声をいただいており、近日中に音量を上げる調整を行いますが、音源は二戸消防本部から指定されているため、変更できません。

音量については、今後も適宜調整を行っていきますので、お気づきの点はご連絡ください。

また、下記のリンク先より『いわてモバイルメール 一戸町防災情報』を登録していただくと火災や災害時に、登録したメールアドレス宛てに災害メールが届きます。

http://www.town.ichinohe.iwate.jp/02_left/05_onnseispeaker/index.htm



広報スピーカー2016/08/1016:23:47
投稿者:
  9日早朝の火災時、火災を知らせるサイレンが聞こえなかったです。

今年からスピーカーを替えたようですが、緊急のサイレンが聞こえにくい?あるいは弱い?のは改善してもらいたいです。私の所は、以前から風などの気象条件でも聞こえにくいことは多々ありましたが、他の地区の人も窓を開けていたにもかかわらず、かすかに聞こえた感じだったと言ってます。

現在のスピーカーは、情報発信の声が聞きやすくなったので助かりますが、サイレンは以前の物に戻せないのでしょうか?


広報スピーカーの役割分担について2016/08/0210:37:47
投稿者:一戸町まちづくり課
  役割分担について回答します。

音声放送については基本的に役場スピーカー(役場が設置したスピーカー)から放送しています。

内容としては、イベントなど広く町民の方にお知らせしたい情報については全地区を対象に、クマの出没については
概ね一戸、小鳥谷および奥中山の3地区のうち関係する地区を対象に役場から放送しております。
(役場の閉庁時におけるクマの出没については消防署に放送を依頼しております。)

また、火災情報、熱中症情報などは全地区を対象に消防署から放送されます。


公民館スピーカー(各地区で設置したスピーカー)は現在は主に時報のみの放送となっています。

なお、時報については各地区ごとに放送の時間が異なるため、現状では全地区を対象とした放送はしておりませんが、
地区同士の合意が得られたうえでのご要望があれば、お知らせと同様に全地区を対象に放送することは可能です。


2016/07/2913:18:30
投稿者:広報スピーカーの役割分担
  前から気になっていましたが、役場スピーカーと公民館スピーカーの放送の役割割分担はどうなっているのでしょうか?
くまが出ましたとかは全部で聞こえている気がしますが、区割りがあるのですか?


時報について2016/07/2911:40:07
投稿者:一戸町まちづくり課
  時報についてお答えします。

役場の屋上より放送している時報は、手動で合わせた時計をもとに放送しています。
随時調整しておりますが、お気づきの際はご連絡ください。

また、役場の屋上以外については各地区で所有して公民館等から放送されているものになります。

要望等ございましたら、対象地区の方に連絡をいたしますので具体的な地域をお教えください。


2016/07/2712:59:56
投稿者:
  時報が数分ずれているのが気になるのですが、今の時代自動的に合わないのですか?


2016/07/206:58:25
投稿者:
  地域で出す議員だからだめだと思います。
長期政権も良くない


2016/07/0712:28:39
投稿者:
  視察について色々書いてますが
その議員を選出したのは町民
町長を選出したのも町民
不満が有るなら信頼できる人を応援したり
自身が出馬する他ないです

聞きたいなら議員に聞いてみたらいかがですか?
町政を町民に説明するのも議員の仕事だと思いますよ。


橋中組2016/07/027:36:35
投稿者:藤原こうだい
  8月橋中組参加またします!!橋中組山車お楽しみ。まだ橋中組山車決まってない。


2016/07/0121:35:02
投稿者:
  視察するよりも
視察される街づくり
視察した方々は
どんな街づくりを考えているのか
何らかの方法で聞きたいと思うのですが


より新しい情報   これ以前の情報

Copyright © 2000, Ichinohe Town Office