戻る
種類 岩手県指定史跡  一里塚は、慶長9年(1604)幕府が日本橋を基点として、60間を1町、36町を1里(約4キロ)として一里毎に築いた塚です。塚の上には榎や松などを植えたと言われています。一戸町は県内でも比較的良好に奥州街道が残っている地域で、一里塚もこの浪打峠一里塚をはじめ馬羽松一里塚旧中山一里塚、川床一里塚など幕末の北奥路程記 福岡通絵図に記載された一里塚が残ってます。なかでも浪打峠一里塚は、街道をはさんで両側に一基ずつあり、東側は、径13×11m、高さ2m、西側は12×11m、高さ2.8mとなっています。
ふりがな なみうちとうげ
いちりづか
名称 浪打峠一里塚
数量
所在地 一戸字大道沢、一戸字大越田
指定年月日 S60.5.4
≪県指定文化財≫