戻る
種類 有形文化財  小姓堂宝篋印塔と同じく笠に段のない屋根型の宝篋印塔です。相輪の一部を欠いていますが、完形品で、縦に長い塔身には輪郭をつけています。室町時代末期から江戸時代初期のものといわれています。
高さ 103.5p、最大幅 37p
ふりがな うわさとほうきょういんとう
名称 上里宝篋印塔
数量
所在地 姉帯字上里
指定年月日 S53.10.30
≪町指定文化財≫