新型コロナウィルス感染症の最新情報

更新日:2020年03月27日

現在の状況

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に、新型コロナウイルス感染症の患者が断続的に報告されています。

新型コロナウイルス感染症の最新情報については、厚生労働省及び国立感染症研究所のホームページで随時更新されていますので、確認をお願いします。

  • 「新型コロナウイルス感染症について」厚生労働省
  • 「コロナウイルスに関する開設及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に関する情報」国立感染症研究所
  • 「新型コロナウイルス感染症に関する情報」岩手県
  • 「新型コロナウイルス感染症_市民向けハンドブック」
    (出典元:東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区幹線対策チーム)

町民の皆さんへ

コロナウイルスは、咳などによる飛沫感染やウイルスで汚染された手指等を介して接触感染するとされており、予防策として、咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要です。
今後も正確な情報に基づき、過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底など通常の感染症対策に努め、冷静な対応をお願いします。
武漢市を含む湖北省から帰国・入国された方で、咳や発熱等の症状がある場合は、マスクなどを着用するなどし、速やかに二戸保健所にご相談のうえ、医療機関を受診いただきますよう、ご協力をお願いします。また、受診にあたっては事前に医療機関に武漢市を含む湖北省の滞在歴があることを申告してください。

各種総会等を実施する場合の対応について

現在、新型コロナウイルスへの感染を予防するため、イベント等は自粛するよう国から要請されております。集会などを開催しなければならない場合は、各自検温を行い、37.5℃以上の発熱や風邪の症状がある方の出席は遠慮してもらうことや、マスクの着用、手指のアルコール消毒や手洗いなどをこまめに行うなどの予防対策を徹底していただきますよう、お願いします。なお、感染予防対策が十分にできない場合は、総会等の延期や規模縮小等をご検討いただきますよう、お願いします。

 

飲食を伴う会議等の対応について

飲食を伴う会議等の開催については、より感染リスクが高くなります。事情があってどうしても開催しなければならない場合は、感染予防対策を通常の会議よりも徹底していただくとともに、下記の注意事項についてもお守りください。この場合も、感染予防対策が十分にできない場合は、総会等の延期や規模縮小等をご検討いただきますよう、お願いします。

  • できるだけ弁当、お膳形式の料理とする。
  • 大皿から自分が使った箸で直接料理をとりわけない。また、料理は最初に人数分とりわける。
  • 他の人が使った食器をそのまま使わない。
  • 手で直接料理をつままない。
  • できるだけ、隣の人との間隔は1m以上は空けるようにする。
  • つば等の飛沫感染を防ぐため、お互い正対して座らない。
  • 会場はこまめに換気をする。

新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する連絡・相談窓口

岩手県二戸保健所

電話番号:0195-23-9206
受付時間:9時から17時まで(平日のみ)

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話番号:03-3595-2285
受付時間:9時から21時まで

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 健康福祉課

〒028-5312
岩手県二戸郡一戸字砂森93-2
電話番号:0195-32-3700
メールでのお問い合わせはこちら