臨時特別給付金(家計急変世帯の手続き)について

更新日:2022年02月25日

新型コロナウイルスの影響で収入が減少し「住民税非課税相当」の収入となった世帯(家計急変世帯)

令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、令和4年度分の住民税均等割が課税されている世帯員全員のそれぞれの年収見込額が、住民税均等割非課税相当水準以下の世帯の方で、申請時点で一戸町に住民登録のある方は下記のとおり申請してください。

1.「住民税均等割非課税相当水準以下」の判定方法

  • 令和4年1月以降9月までの任意の1か月の収入を年収に換算して判定します。
  • 収入の種類は給与、事業、不動産、年金です。
    (注1)非課税の公的年金等収入(遺族・障害年金など)は含みません。
    (注2)非課税相当水準の収入は世帯構成により異なりますので、下記の表をご確認ください。
    (注3)給付金(家計急変世帯分)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入の減少があった世帯に対し支給するものであり、例えば、事業活動に季節性があるケースにおける繁忙期や農産物の出荷時期など、通常収入を得られる時期以外を対象月として給付申請した場合など、新型コロナウイルス感染症の影響等により収入が減少したわけではないにも関わらず、支給申請することは、不正行為に該当します。不正受給をした者は詐欺罪に問われ、懲役10年以下の懲役刑に処されることがあります。
  • 申請時点の世帯状況で、令和4年度分住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの収入(所得)について判定します。
    (注1)一度給付を受けた世帯に属する者を含む世帯は対象になりません。
    (注2)基準日(令和4年6月1日)に同一世帯だった親族が基準日翌日以降に別世帯として同一住所に住民登録した場合(世帯分離)は、同一世帯とみなします。同一の住所に住民登録されている一方の世帯が給付金を受給した場合、もう一方の世帯は給付金を受けることができません。

判定のイメージ(給与収入の場合)

判定のイメージ

収入額ベース:収入金額をもとにした目安
所得額ベース:収入金額をもとに計算した所得金額の目安

2.申請方法

給付金の受給には申請が必要です。
要件を満たす方は申請書を役場税務町民課へ郵送または直接申請書の配布先へ提出してください。

■申請期限:令和4年9月30日(金曜日)まで
■申請書配布先:役場税務会計課、総合保健福祉センター、小鳥谷地区センター、奥中山地区センター

申請書は、本ホームページよりダウンロード(または、町の窓口にて取得)し、必要事項を記入のうえ、町に提出してください。

(注意)申請書には、以下の書類を添付してください。

  1. 申請・請求者本人確認書類の写し(コピー)
  2. 受取口座を確認できる書類の写し(コピー)
  3. 簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者用)≪参考様式1号≫
  1. 「簡易な収入(所得)見込額の申立書」に記載した、任意の1か月の収入の状況を確認できる書類または令和4年中の収入の見込額のコピー
  • 任意の1か月の収入:申立書に記載した月の給与明細
  • 令和4年中の収入:給与明細、帳簿等
  1. 申請・請求者の世帯の状況を確認できる書類のコピー
  • 申請・請求者の世帯の状況を確認できる戸籍謄本、住民票等の写し(コピー)
  1. 戸籍の附票の写し(コピー)
  • 令和4年1月1日以降、複数回転居された方のみご提出ください。

3. 給付金の支給(振込)

・町が申請書を受理したときは、内容を確認のうえ、支給の可否を決定し、決定通知書により決定内容をお知らせします。
・支給決定後、1ヵ月前後で申請書に記載された金融機関の口座へ振り込みます。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務会計課

〒028-5311
岩手県二戸郡一戸町高善寺字大川鉢24番地9
電話番号:0195-33-2111
​​​​​​​メールでのお問い合わせはこちら