町長メッセージ:令和5年度に向けて ~施政方針演説から~(広報いちのへ 令和5年3月号より)

更新日:2023年03月10日

2月22日の町議会で、新年度の町政運営について私の所信を申し上げました。その一部を紹介します。

観光振興については、御所野遺跡に国内外から大勢の皆様にお越しいただくとともに、遺跡がもたらす効果を町民の皆さんが享受できるよう、今月策定する観光地域づくり計画に基づき取り組みを進めます。

脱炭素の推進については、当町には豊富な森林資源や風力発電の適地など好条件がそろっています。これらの資源がもたらす恩恵を、化石燃料から木質バイオマスへの転換による町内での経済循環の仕組みづくりなど、持続可能な『なりわい』の確立にも生かします。

農業や商工業においては、脱炭素が事業継続上の大きな課題です。短期的には昨年の大雨災害からの復旧と物価高騰対策が必要ですが、脱炭素に向けた取り組みについても、個々のニーズに沿った最適な支援を検討します。

子育て支援や地域の将来を担う人材の育成については、県との連携による保育料無償化の拡大、入学祝金(小中高)の新設、若者の自発的な行動を支援する事業の導入など、取り組みを充実させます。子どもたちの心身を強くするため、スポーツ振興も重要であり、施設環境の改善や各種大会出場費用の支援の拡充を行います。

令和5年度は、今月策定する一戸町総合計画「後期基本計画」の初年度です。良いスタートダッシュを切りたいと思います。

この記事に関するお問い合わせ先

政策企画部 政策企画課

〒028-5311
岩手県二戸郡一戸町高善寺字大川鉢24番地9
電話番号:0195-33-2111
​​​​​​​メールでのお問い合わせはこちら