石綿セメント管について

更新日:2020年03月16日

水道管に使用されている石綿セメント管について、平成17年7月13日付けの厚生労働省健康局水道課からの通知(一部抜粋)は次のとおりです。

水道管に使用されている石綿セメント管について

1.石綿セメント管を通過した水道水の健康影響

  1. 平成4年(1992年)に改正した水道水質基準の検討時にアスベスト(石綿)の毒性を評価したが、アスベストは呼吸器からの吸入に比べ経口摂取に伴う毒性はきわめて小さく、また、水道水中のアスベストの存在量は問題となるレベルにないことから、水質基準の設定を行わないとしたところ。
  2. 世界保健機構(WHO)が策定・公表している飲料水水質ガイドラインにおいても、飲料水中のアスベストについては、「健康影響の観点からガイドライン値を定める必要はないと結論できる」としているところ。

2.石綿セメント管の布設状況

日本における石綿セメント管の布設状況
年度 石綿セメント管の
管路延長(キロメートル)

水道管路

総延長(キロメートル)

割合(%)
平成26年度 5,457 660,164 0.8

 

一戸町における石綿セメント管の布設状況
年度 区分 石綿セメント管の
管路延長(キロメートル)
水道管路
総延長(キロメートル)
割合(%)
平成26年度 一戸上水道 0 92 0
奥中山上水道 0 147 0

一戸町水環境課では、石綿セメント管について、次のような取り組みをしております

一戸上水道については、平成5年から平成11年度まで老朽管更新事業の補助採択を受けて、すでに布設替えを終わりました。

奥中山上水道については、平成21年度に布設替えを終了しました。

この記事に関するお問い合わせ先

建設部 上下水道課 上水道係

〒028-5311
岩手県二戸郡一戸町高善寺字大川鉢24番地9
電話番号:0195-33-2111
​​​​​​​メールでのお問い合わせはこちら